退職、次ステップ編へ・・・


まずは、転職成功!

次回からは退職、そして次のステップへと展開します。

※URL変更しました。

http://ameblo.jp/ouendan55/

これからもよろしくお願いします!

転職活動、終焉。


三連休に入った初日、午後から子供の進学前の学校説明会
に妻と3人で出かけました。

説明を聞いていると、ケータイに着信履歴。しばらくして
また着信。
宛名はリクルートエージェント。

留守電には、
「昨日の面接いかがでしたでしょうか?お手すきのときに
ご連絡いただけませんか?」とのメッセージ。

説明会が終わってTEL。

「どんな感じでした?」

「開口一番、全員一致でOKと言っていただきましたよ」

「へえ〜 開口一番ですか?」

「で、先方が早くご返事をいただきたいとのお話なんです」

「他メンバーといつから一緒にやってもらえるかを知りたい
と・・・」

「あ・・・そうなんですか」


こんな大事なやりとりのときに限って、電波の状態が悪く
途中で切れる、切れる。

ケータイって便利ですが、困ることもありますねふらふら


言われてみれば、当たり前。今まさに立ち上げ期にある中、
早く一緒にやってほしいでしょうし、仮に辞退でもしたら、
次の候補者をまたイチから探さないといけない。


「家内とは話して、ほぼ決めてはいます。
ただ何しろ初めてのこと。ましてやこれからスタートの
会社。一人だったらすぐ飛び込むんですが、家庭があり
ますから。最終決定は、休み明けまで待ってもらえませんか?
それと、口頭だけだと不安で恐いので、こういうのって
書面でいただけないものでしょうか?」

「わかりました。オファーレターですね。依頼します。」

オファーレターっていうんだそうです。
(転職本には書いてありました)


電話を切って、妻に今の電話の内容を報告。

「OKしていいかな?」

「うん。パパ次第だよ」

「わかった」


数時間後、今度は社長秘書よりTELがあり、
「書類のアドレス宛に条件通知書をお送りしましたので、
ご確認をお願いします」
とのこと。

続いて、リクルートエージェントから。
「ご自宅に届いていると思います。確認してください。
来週のいついつ、社長が今後のスケジュールを相談したい
との話ですが、いかがですか?」

「わかりました。あ、その日はS社の2次面接の予定が
入っていますが調整していただけますか?」

「あ、そうでしたね(笑)わかりました。他社で内定が
出たのでご辞退しますとお伝えします。
では、R社もお断りしていいですか?」
(R社とは、最終面接があってまたまた10日以上返事
の来てない会社です)

「あ・・・はい。お願いします。」

「では、来週から退所交渉、頑張ってくださいね。」

退所交渉・・・? 退職願いのことなんですね。
専門用語が飛び交います。



帰宅して、すぐさまパソコンを立ち上げ確認。

入社予定日を空欄にして、雇用形態・年棒・休日などの
勤務条件を記した「入社条件通知書」が届いていました。

「慎重に審査の結果、貴殿の採用が内定しましたので、
ここに通知致します・・・」と記載されていました。


今回転職活動を始める際にとても共感、バイブルになった
40歳からの転職術」を朝のうちに読み返してました。
筆者は、人事と営業をやり、自身が転職も経験し、
人材紹介業を営んでいる人です。
転職する側、受け入れる側、仲介する側の3つの視点
で書かれた、とても参考になった本です。

そこに、こんな記載がありました。


〜〜〜

「転職の最終決断、5つのポイント」

 初めて転職を体験する方は、最終決断のときに非常に
 迷うようです。当然です。(中略)
 いくら理詰めでいっても、答えの出ない課題は残る
 ものです。
 最後の最後に必要なのは”思い切り”に他ならないの
 です。
 最後は、腹を括って思い切る必要があるのは前述した
 通りです。
 その最後の思い切りの前に当然検証しておくべき点
 があります。
 少なくともこれだけは押さえていきたいという事項を
 挙げましょう。

 @自分にとってキャリアアップになるか?
 A転職先に会社や仕事との相性は良さそうか?
 Bいまの仕事が辞められる状態にあるか?
 C家族は同意してくれているか?
 D自分自身が本当に心から転職する気でいるか?

〜〜〜

5つのポイント、すべて満たしていました。

「よし、行くか!」
心の中で、客観的な指標にもなっていました。



ついに、新しい道が決まりました。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


夜、近所の居酒屋で妻と二人、ささやかな祝杯をあげ
ました。
酔いがまわるのが早く、家に帰るなりリビングで
そのまま寝てしまっていました。わーい(嬉しい顔)


↓参加しています。クリックをお願いします
にほんブログ村 転職キャリアブログへ




タグ:内定 決断

やっときた、この時!


昨夜、ベンチャー企業社長との面接。
というより、ふたをあけたら確認面談になりました。


あまりにあっけない幕切れでした。

開口一番、

「役員と相談し、すごくいい、全員一致できてほしい
ということになりました。」
「仕事は、営業のまとめ役で。」

問題の年収は、最低希望額に若干の上乗せがありました。
現従業員としては、最高年棒とのこと。

評価してくれたという感じ。


社長曰く、
「気になる点は、年下の役員のもと2〜3年はやって
もらわないといけないことと、年収が下がることの
2点です。」

「待ってますという感じです。」


事業開始に向けて、既に大手との握りは進んでいる。
社長は、かなりの人脈を持っている感じです。
また、相当のキレ者。

ビジネス内容にも拡がりがあります。
自由闊達なムード、仕事はたのしくという考え方。

オフィスの方からたのしそうな声も聞こえてきて
いました。

いろんな人との出会いもあり、自分を高めることも
できそう。

「入社は、ボーナスはもらってから来てください。
お金は大事です。
もし、企画段階から共にやりたいということなら、
有休使って事前に来てもらってもいいです。」

など配慮もありました。
逆に大丈夫?という感じすらしました。

人材紹介会社からは、もろ手を挙げてではないので、
こんなことを考えているを整理してのぞんでほしい…
と言われていたので、昨日から今日にかけて手書きの
企画書を書いていきましたが、無用の長物でした。


帰宅するなり、妻にも報告。
彼女なりに納得してくれていたようです。



一夜明け、少し冷めて考えてみると、

立ち上げ前だから、たのしくやるのは当然
何で人材紹介会社との話に食い違いがあったのか?
ビジネスの詳細がよく理解できていない
投資回収はどうなっているのか?

そして何より、
これから立ち上げ、子供たちがこれからお金がかかる
ピークに何かあったらどうする?

などなど
一抹の不安は残りますが・・・

でも「縁」というものがあるのなら、そうかもしれない
そんな感じもしています。


いずれにしても、人生を懸ける時が来たようです。
(ちょっと大げさわーい(嬉しい顔)


何はともあれ、初合格です。(まだ口頭ですが)
これを内定っていうんでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

まだ書面でもらってない!


苦節8ヶ月。
長かったあ〜〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

こんな晴れやかな気持ちは、いったいいつ以来なん
でしょう?
晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

新たな候補企業


書類選考を通過した会社との一次面接。
これで32社応募、うち8社書類通過という成績
です。


事業再生というかなりニッチな業種の企業。

面接官は、あとでわかりましたがなんと66歳の
総務部長でした。

まず当社の説明を・・・言い始め、なるほどなるほど
と聞いていると、あれもこれもと一人でしゃべって
ました。

質問はわずかで、
「何をやってこられたかは経歴書でわかりますので。」
「自己PRをしてください。」

あとは自分の話のところどころで「どう思いますか?」
といった程度でした。

お決まりの「質問はありますか?」もなく時間切れ。

「いい話ができました。
社長と慎重に相談をして、またご連絡します。」

で終わりました。

しゃべったのは、先方9割、私1割といった感じで
したが、今までと違うのは1割の中で自信を持って
自分の言葉で言い切ったこと
(反省ふまえ)です。


その日の夕方、早速ですが一次通過の連絡が来ました。
次回は、小論文の提出も依頼されました。
いろいろ経験させられますね。ふらふら


再生コンサルタントは、元経営者が多いらしく、
それなりの経歴、年齢の人らしいです。

人生経験を深めるには、いい場かもしれません。
何より初めて年収アップが狙える点、魅力を感じて
います。

ただ、かなり特化した職種、高年齢で躍動感がなさ
そうなのが懸案です。



もう1社のベンチャーの状況。
「もろ手をあげて来てくださいではない」との人材
紹介会社からの話。

思い返せば、経歴を一つ一つ細かく聞いてきたのも
この会社だけ、事業につながりそうなところをなぜ?
どうして?と激しく突っ込んできたのもこの会社だけ。

経歴って、読んだだけではわからないと思います。

躍動感、創造性、一体感など秀でています。
問題は、年収と事業立ち上げに伴う仕事時間のウエイト
の2点。
一人者ならぜんぜんオッケーなんですけどね・・・ふらふら

そこは絶対はずせない大切な2点です。



ま、次回も最善を尽くしましょう。exclamation


★★今日の気づき★★
自信を持って、人間性で勝負しよう。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

妻との会話


夜、子供たちが寝た後、妻と進路についての会話を
しました。


現在のところ、ベンチャー系の創業企業にひかれて
います。

2日後に再度社長と面談です。

人材紹介会社から電話があり、

「もろ手を挙げてという感じではありません」
「思いは伝わったが、実際ビジネス展開するにあたり、
自分ならどうしたいかを整理してのぞんでほしい」

との話でした。

候補者があと一人いて、一騎打ちの状況みたいです。

「ご家族と話して、ベンチャーでも行くハラ決めを
しておいてほしい」との話でした。


これまで受けてきた会社、今どう考えているかひと
とおり話しました。

妻コメント・・・
「もちろん収入も大事だけど、自分が本当にやりたいか
どうかが一番。
バワハラもあるけど、今まで自由にやれなかったのが
いやだったんでしょ?信頼してるから。」


最後のひとことは効きました。
ありがたいです。
もっと違う反応が戻ってくるかと思いました。


「昔マンションの人間関係で悩んだとき、アンパンマン
の歌を思い出したよ」


♪もし自信をなくして、くじけそうになったら
いいことだけいいことだけ思い出そ
・・・


「自信持っていきなよ。友達の奥さんも仕事できそうね
って言ってたじゃない・・・」

昔の話は、初めて聞いた話でした。

確かに、これまでの面接での失敗は、自信喪失状態で
明らかに押しがきいていないことが原因と思います。


娘の進学で頭いっぱいの中なのに、とても心強い
サポートでした。

心から感謝。あせあせ(飛び散る汗)


★★今日の気づき★★
⇒昔のように、
自信を持ってのぞもう。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

腹立つ会社


久々に気分が悪かったです。

まず、側近部長。

取引先を呼んでの商談会、何時に到着するか確認しろ
って言うから、確認して昨日伝えました。
すると今朝、自分で相手先に電話、到着時間を確認
しているではないですか。

朝、会議室をセッティングしておいたら、何が気に
入らないのか、仕切りたがりの部下にやり直させる。

仕切りたがり部下は思いついたように、「懇親会の
段取りは大丈夫ですか?」と聞いてくる。
そんなアホみたいなこと、とっくにやってるワ。

とってつけたようにバタバタと動きまわる。
まるで何の段取りもできてないように。
要所要所には必ずいて、存在感を示す。


だからぁ、そんなに信用できないなら勝手にやれば
ええやろ!って感じです。ちっ(怒った顔)

今回だけならまだしも、今まで何度となくありました。


続いて、「暴君」のふるまい。
取引先にあいさつに行ったら、誰も部屋に揃ってない。
なんだこれは!とばかり不機嫌になってニラミを側近
部長へ。

すると、部下にすぐ集めるようにと指示を出す。
(おいおい、言われるままかよちっ(怒った顔)

取引先は、到着したてでタバコ一服やトイレに行ってる
んですよ。

いったいどっちがお客さんなんでしょう?

みんなが集まると、上から目線で大義名分を話す。
誰も聞くはずがありませんよね。

そして私は気がつかないと陰口をたたかれる。

今となっては何を言われようが関係ないので、ハナ
から動く気もありませんが。


しょーもないことですが、こんなことの積み重ねで
ヘドが出そうです。

本当に、とんでもないです。
今の時代、こんなバカなことが許されていいんで
しょうか?

もっとやらないかんこと山ほどあるやろが!って
気持ちです。


いやあ〜グチだらけですね。
失礼しました。



こないだ面談した人材紹介会社からメールが来ました。

>正直申しまして今回何かを大幅に妥協して転職し、
 残15年以上を乗り切れるのでしょうか?
 語学力を必要とする外資系のマネージャーポジション
 が現実的に難しいとなると、今回が最後の転職と
 考えられると思われますよ。

確かにその通りかもしれません。
いや、たぶんその通りだと思います。
でも正論だけでは割り切れない時ってあるんですね。ふらふら


明日は、新しい候補企業の一次面接。
「自信と勇気」でのぞんでみたいと思います。ダッシュ(走り出すさま)



★今日の気づき★
人生、正論だけでは動かない。
 相手の本当の気持ちを知ろう。


にほんブログ村 転職キャリアブログへ
タグ:勇気 自信

パソナキャリア面談


パソナキャリアに転職相談に行きました。

登録は数ヶ月前にしたのですが、電話ヒアリング
のみで担当者が変わったりもあり、1件しか求人が
出てなかったので、仕切り直しでした。


担当者は若い女性。
最初の30分で転職理由、希望職種、年収、コア
スキルのヒアリング。

今回はこれまでの経験をふまえ、やりたいことより、
年収に重きを置いてほしいと頼みました。


「では求人をみてきます。20分くらいよろしい
でしょうか?」と退席。
(あ、この場でやるんだ)

待ってる間、他の部屋でもやっているようで、ときどき
ガハハと笑い声が聞こえます。

こういう大切な話の場、あまりいい感じはしないですね。

30分弱で戻ってきました。
2件の求人をもってきました。

「今、合うのはこの2件だけです。」
「英語があると若干増えますが・・・」

やっぱり英語、要りますね〜

どちらも会社名は有名ですがこれは!という感じじゃなく、
ま、面接練習で受けてみるかという感じ。

 40歳を超えるとぐっと求人が少なくなる
 月に30人、日によっては1日3人くらい面談する

という実情らしいです。

 やっぱり求人数だとリクルートエージェントが断トツ、
 その次がインテリジェンス。
 その2社でひととおり活動してパソナキャリアに来る
 人も多いらしく、数だけ出してきて、えっ?っていう
 のも含まれているなんていう声も聞くそうです。


言われたことで、事務的に検索して説明するっていう
ながれで、かなり頼りない感じでした。

ネット情報だとかなりいい評判でしたが、実際行くと
また違いますね。

この世界、担当者の聞き出す力量が満足度を左右します。


リクルートエージェントから出てくる求人がやっぱり量、
質ともに一番なのかも?


ということはその中で決めるということなのでしょうか?

パソナキャリア

クリックお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ


条件とポジション


先週のダブルヘッター面接のうちのベンチャー系企業
から返事が来ました。

条件、ポジションについての確認で社長と再面談との
こと。

他にも候補がいて、下げてこようというハラかも?

こないだ人材紹介会社に聞きましたが、
日曜には朝から晩まで面接をしているそうなので、
きっとかなりの人数がいるはずです。


内定1社も出てない状況、苦しい選択になりそうです。


ところで、
週末、テレビで”ROOKIES”の総集編を観ました。

どちらも先生が発したことなんですが、特に印象に
残ったことが二つ。


一つ目は、
「道を切り拓くのは、自信と勇気」というコトバ。
そっくりそのまま面接に生かしたいこと。

二つ目は、「笑顔」
彼は、どんなときも生徒に対し、笑顔で締めます。

これは、毎日の人生そのもの。
どれだけできていないことか・・・


おっきな宿題です。

★★今日の気づき★★
どんなときも笑顔で締めよう。


クリックおねがいします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

心理カウンセリング講座〜トランスパーソナル心理学


日本メンタルヘルス協会の心理カウンセリング
講座の後期4回目。

すっかり毎週金曜夜は、定着した感じです。

自由が丘

今日も100人を超える受講者、再受講が格安で
できるしくみになっているのですが、あふれて
入れない状態が続く人気だそうです。

平日夜7時から10時までという時間帯なのに
熱心な人は多い。
それだけ多くの人の心が病んでいる時代だという
ことなんでしょうか?
(という私もその一人ですがわーい(嬉しい顔)


終わったことをいつまでもブチブチ・・・ ですが、
昨日の面接がイマイチだったこと、また今日は
1日会社にいて会話が減り、テンションはかなり
落ちてました。


今日のテーマは、「トランスパーソナル心理学」。
自我を超越する心理学という意味だそうです。


「人間の行動は意識より無意識が大きな影響を及ぼ
している」というフロイト、ユングなどの深層心理学
派を第1勢力、

「人間は刺激に対し単純に反応する」というパブロフ、
ワトソンなどの行動分析学派を第2勢力、

「人間の心には自然治癒力があり、それを引き出して
あげることが重要」というロジャース、エリスなどの
第3勢力、

それらを超える第4勢力がトランスパーソナル心理学。


個人の記憶で忘れ去られたものや過去の経験などから
”無意識”はでき、”無意識”は本人も気づかないうち
に”意識”に大きな影響を及ぼす。

「あれ?この光景どこかで見たことあるよね〜??」
「この話、したことあるなあ・・・?」
とかありますよね?
夢の中も? これって”無意識”の話みたいです。


そして”無意識”では、人はそれぞれつながっている
のかもしれない。=「集合無意識」

同じ出来事が偶然重なる「シンクロニシティ(共時性)」
は、そのつながりをしめす一因なのかもしれない。

過去の発明にも多くのシンクロニシティの事例がある。
(ニュートン・ベル・グリセリン固体化・・・)


この「集合無意識」は情報の宝庫。
無意識から意識へ取り出せたとき”ひらめき”が出る
のかもしれない。



欲求の5段階説で有名なマズロー氏は、成功者に共通
する体験を研究。
その最上位にある”自己実現欲求”をもっている人は、
毎日毎日どんな状況でもどこ吹く風。
自分の能力を完全に超える経験「至高経験」を持って
いる。


「ガイア仮説」=気温を保ったり、海水塩分を適度に
したり、酸素濃度を安定にしたり、地球は生命と同じ
はたらきをしている。

今、そのバランスが崩れ始めている。

テレビ番組のガイアの夜明けのネーミングがここから
来ているのをはじめて知りました!


イギリスで行われたストレスをかけたネズミの3世代
にわたる実験では、普通では考えられない異常行動が
発生することが発表されている。

この事例は、まさに今の日本の世の中の状態で、今
いかに「ココロの勉強」が必要か、再認識しました。



今日のテーマは、かなり深くて難解な内容でしたが、
こんな考え方もあることを知るのと知らないのでは、
大違い。広がりが出ました。


こうした大きな世界の中では、人も動物も植物も
つながっている。

いずれ「母なる大地に土となって戻る」世界観。

今まで知る由もなかっただけに良かったです。

とてもおおらかでおだやかな気持ちになりました。
この感覚をときどき思い出せたら、生活は変わるん
でしょうね。

と言ってる端から、電車で寄りかかってくるおっさん
に頭にきてる自分がいましたが・・・ 苦笑


それにしても、衛藤信之氏の話し方は大変勉強になります。
台本もなく3時間聴衆を惹きつけっ放しのあのトーク。
目の前のことですが、この一部でも真似て面接にのぞみ
たいものです。


この講座、毎回毎回とても有意義です。
ただ、その場で満足して、翌日以降に生かせていない、
精神的に不安定な状態で、しみこんでいないのが反省。


少しずつ、実践しながら自分の財産にしたいものです。


★★今日の気づき★★
たまには、大きなつながりを感じよう。


クリックおねがいしま〜す
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

ダブル最終面接


最終面接の2社、期せずして同じ日に重なりました。


午前と夕方に分かれてしまい、たまたま昼間にセミナー
を申し込んでいたので、会社を休んで臨みました。

会社を休んでるのに、朝からネクタイ締めてビジネス街
をうろうろ。変な感じです。


まず朝イチでベンチャー系の会社。

今日は、ソファーを丸く囲ったリラックス風の応接室。
余計に落ち着きませんでした。

最初に社長が来て今日の主旨を説明、その後役員3人
と面接。

社長曰く、「私はとてもいいなと思っています。他の
メンバー含め、どうなのか相互理解という場です。
いろいろと話してください。」

前回社長の横でメモをとっていた経営企画担当役員が
切り出しました。

「前回から1週間経って、頭の引き出し整理ができたかと
思いますが、何か質問はありませんか?」と聞かれました。

事業内容の詳細と幹部がリクルート出身者の風土について
質問しました。

あと、営業開拓担当役員が動機と得意なことなど聞いて
きました。

「話を聞いてると、小さな単位で時間がかかりそうだが、
例えば100人の面倒は見れるのか?」

「戦略立案と現場浸透、どっちか?」

といったキレ質問もありました。

驚いたのは、私の適性をかなり正確にとつかんでいること。

さすがにキレ者たちです。

「大企業からカタカナのわけのわからないところへ結構
ダイブですよね?ご家族の理解は?」

やっぱり「ダイブ」なんですかね?

面接後、ビジネス適性検査90分。
統計データから数値を推測するといった初めての問題も
あり、完敗でした。


反省点は、
 適性検査がボロボロだったこと。
 このビジネス、どんなところへ展開できると思うか?
 の質問に明確に答えられなかったこと。
 質問が少なすぎたこと。
 開拓担当の役員の目を先にはずしてしまったこと。
 「他に受けてるところありますか?」の質問に対し、
 「△△は落ちました」「○○の広報室です。もしかしたら
 やれるかなあと(笑)」と言ってしまったこと。
 今考えればアホですよね。うれしがって話すことでは
 ありません。

などなど・・・
思い出せばきりがありません。

社長が気に入っているの言葉に気が緩んでしまったよう
です。選考は終わっていないのに、最後までガンガン
行くべきでした。

もう後の祭りですね。ふらふら



ライトマネジメント面接前

昼間のセミナーをはさんで、18時から組織人事系企業
の社長面接。
ここまでの本命でした。

約束の時間30分前に着いたので、ビルの裏の公園
ベンチで最後の確認。

社長は、あまり表情に出さないやりづらい相手。
私の経歴もほとんど目を通していない感じ。

他愛のない質問を2、3したあと本題に。

彼の懸念事項は、くせのある営業を指導するためには、
自ら成果でみせるしかない、短期間でそれができるか?
ということの一点でした。


売るものが特殊なサービスなので人事系の知識も要る。
法人営業に長年精通し、そのあたりのコツを持ち合わせた
上でやれること。

今まで少し大袈裟にやってきましたが、実は未経験領域です。

これに英語をかなりやらないといけないという状態が重なる
とのこと。かなり重そうです。

英語は、これからの時代必須なのでやるつもりではいましたが…

あと気になったのがスタートは営業担当とのこと。


なぜ外から採用するのか聞くと、
「今までのやり方を変えたい、内部だと変わらないから」
とのこと。
このあたりは、ガンガンいきたいん話なんですけど・・・

いろいろと考えてきた解答は、まったく意味をなしません
でした。


ちょっとトーンダウンしました。
社長のキャラも冷静ではありますが、あまりフィット
しませんでした。
何より、これまで話してきた営業担当役員との話とかみ
合っていないこと、たったこれだけの話のために1ヶ月
近く間が開いたこと、少し不信感も出てきました。

「あなた、できるの?」
と斜に構えた対話の仕方も少々気分悪い。

「また連絡すると思います。」と言ってましたが・・・
たぶんダメでしょう。


ぜひ来てほしいと言われるところ、入ってからの仕事が
見えるところのほうがいいですよね。



最終面接で浮かれてましたが、ふたを開けるとなかなか
難しいものです。


その日の夜、学生サークル時代の仲間と久々の飲み会。
気の置けない仲間、面接行ってたと少し話しました。


「やめたほうがいい。辛抱して。家族のために」
「自分がどうしてもやりたいということがあるのなら、
やってみたらいい。」

と2つの意見。どちらも尊重しないと。

悩ましいですね〜〜ふらふら



転職って、本当に難しいものなんですね。実感!

前途多難です、はこれは。ダッシュ(走り出すさま)


★今日の気づき★
面接は自己PRの場。少々おおげさでもいい。
謙虚なんて言わず、積極的にPRしよう。後悔が一番だめ!
(たった1時間で知らない相手に伝えるのだから)



クリックおねがいしま〜す
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。